So-net無料ブログ作成

生活と就職、キャリアを考えて就職する-薬剤師のお仕事.com [薬剤師の転職支援]

新卒の学生さんからも質問が多い内容ですが、
『都心で働くのが良いか、地方で就職した方が良いか』について解説します。

若いころは都心部で働きたいと考える学生さんが多いです。

私も経験がありますが、やはり若いころは「遊びたい」し、「生活に便利な場所」を好む傾向があります。
20代前半に、地方都市で働くのも人生もったいないな・・・この気持ちが一番強いのではないでしょうか。

しかし、就職において大事な事はキャリアです。

自分の人生をどう生きたいかによって、働く場所は都心部でも地方都市でも転職すればよい話です。

薬剤師さんの話を聞く限り、理想的な生き方だと思った事がある人の人生を紹介します。

◆ 履歴・略歴

[20代の頃]
地方出身者という事もあり、都心部(東京23区内)で働きたいという思いが強く、
東京都内の薬局に就職。スキルアップする研修も多い会社に勤め、経験をつみました

[30代の頃]
何度か転勤もありましたが、都内近郊の職場で働いていましたが、
結婚し家族もできると、都心に住むのもあまり良いものではないと思うようになった。

[30代後半]
通勤の満員電車にもだんだん嫌気がさし、ゆっくりとした生活をしたいと思うようになり、転職を考えるようになった。

[40代の頃]
気持ちを切り替えて、田舎にマイホームを建て、転職。
地方という事もあって、年収は700万。都心に住んでた頃よりも年収は高く、田舎のせいか・・・。あまりお金を使う事なく、生活にかなり余裕ができた。



お金を稼ぐだけが人生ではないし、なんでもある都心で住む事も、人生のすべてではないです。
生活を豊かにする事を考えると、齢を取った時に『ゆっくり、楽しく人生を楽しみながら働く事』も大事という教訓ですね。

20代のうちは、キャリアを積む+都心でよく遊ぶ。
30歳すぎたら、田舎で暮らすことを考えて就職・転職しても良いかと思います。


◆ 20代で都心部で働きたい方は、コチラをご参考に!

【モデルケース】
年齢:25歳女性(調剤経験3年)
働き方:勤務地は東京都23区(JR主要駅)、居住地は千葉県
通勤時間:60分
業種:調剤薬局
残業:月平均15時間
年収:430万
生活パターン①:仕事帰りに、駅ビル周辺でウィンドーショッピング
生活パターン②:仕事帰りに、友人と待ち合わせして食事

PC
http://www.job89314.com/job/detail.jsp?job_id=52723

スマホ
http://www.job89314.com/s/job/detail.jsp?job_id=52723


◆ 田舎暮らしやIターン、Uターン就職興味ある方はコチラ

【モデルケース】
年齢:40代男性(調剤経験5年)
業種:調剤併設ドラッグストアで管理薬剤師
年収:750万+借上社宅

PC
http://www.job89314.com/job/detail.jsp?job_id=52722

スマホ
http://www.job89314.com/s/job/detail.jsp?job_id=52722


※ 北海道の例ですが、全国対応ですので、田舎暮らしに興味ある方は是非、お問い合わせください


もし良かったら、ご相談して下さい。無料就職相談から相談できます。スマホからは、スマホ就職相談からどうぞ。携帯からはモバイル用の携帯就職相談からどうぞ!

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。