So-net無料ブログ作成

調整豆乳と無調整豆乳の違いについて [健康的な食べ物]

調整豆乳と無調整豆乳の違いについてです。

豆乳の種類に関する記事です。無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料それぞれの違いは何なのか?調整豆乳 無調整豆乳 違いを知るには、まずはお勉強から!健康のために、できるだけ豆乳を飲むように心がけている。しかし無調整豆乳はどうも 飲みにくい。周囲に聞いてみると「調製豆乳でないと飲めない」と言う人も割と多いのだ。

 でもね。調整豆乳と無調整豆乳を調べてみると・・・ 

参考:女性が豆乳を飲みすぎると生理不順の原因に!適量を知ってダイエット効果を発揮しながら健康に過ごす方法

URL: http://bijoh.com/unadjusted-soymilk/

健康情報サイトのビジョーによると、生理不順になる理由と解決策が載ってました。保健機能食品, 特定保健用食品. 許可表示, 本品は豆乳 を原料とし、血清コレステロールを低下させる働きがある大豆たんぱく質を摂取しやすいけど、少し解説をみないと理解しにくいですよね

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冷え性に効く生姜の量は?冷え性に良い食べ物 [健康的な食べ物]

冷え性に良い食べ物は、生姜です。

 ポリフェノールはカラダの小さな組織たちの活動までも元気にしてくれるため、冬の冷え性対策としてオリーブ葉のエキスを取り入れるのも良いと思いますが、お手軽に解消できる食べ物は生姜です!冷え性 生姜 量はどれぐらいが適正でしょうか?

 冷え性に悩む女子学生19人が生姜を摂取した場合のエネルギー消費を検証した結果や、1日にどのぐらいの量の生姜を食べたら良いのか詳細のまとめを見つけました

参考:Bijoh ビジョー 

参考:予防解消、冷え性の女子が温かくなる生姜の量はどれぐらい?

URL:http://bijoh.com/sensitivity-to-cold-ginger/ 

カラダの中から温めたい場合、蒸す・乾燥した「生姜(ショウガ)」を頂くと良い。最近では全身を温めてくれる働きから冷え性の女性を中心に乾燥生姜の人気が高まっ ています。生姜の摂取量。生姜の副作用と効果・効能。摂取量と摂取方法を守って冷え性、免疫力 の向上、ガン、肩こり、ダイエット、アンチエイジング、疲労、関節痛の改善に良いでしょう 

本格的に冬が始まる前に冷え性を撃退して、今年の冬はぽかぽか美人になりましょう 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。