So-net無料ブログ作成

これからどうなる?高齢化社会と在宅医療-薬剤師・在宅医療・診療報酬・役割-薬剤師のお仕事.comスタッフブログ [宮崎県の薬剤師求人情報]

薬剤師さんの在宅医療の役割についてです。
現状社会にある医療とは、患者さんが病院に行き、病院で診察などをしてもらいます。
今の日本では医薬分業がされており、お医者さんが薬の処方を行い、薬の調剤を行うのが薬剤師さんです。


医療というとお医者さんが、
患者さんを診察して、薬を調剤して、患者さんの病気を治すというイメージがありますが、
先進国のほとんどが、


お医者さん → 診察、薬の処方(処方箋)
薬剤師さん → 処方箋をもとに薬の調剤、患者さんに服用の説明



上記のように、分業しています。これを医薬分業と言います。

医薬分業と在宅医療に関連性がないわけではないですが、
高齢化社会が進み、これからの日本では、在宅医療が不足すると言われています。
薬局などは地域のかかりつけ薬局としてに密着しているケースが多いですが、
病院や薬局に足を運ぶことができない患者さんの数がこれから増えてきます。


薬剤師さんが訪問する場合、

・在宅患者訪問薬剤管理指導料
【500点】同一建物居住者以外
【350点】同一建物居住者
【100点】麻薬管理指導加算

・在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料(月4回まで)
【500点】在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料
【100点】麻薬管理指導加算


調剤報酬点数は高めですが、
本当に質の良い在宅医療を行おうとした場合、コストがかかると思います。
業務の内容と時間、病院と薬局の連携などを考慮すると現状として課題は多くあると思います。


在宅医療の訪問薬剤管理指導、居宅療養管理指導の届出は薬局の65%前後ですが、
訪問の実績がある薬局は約15%ほどと言われています。


今後は増えてくると思いますが、
今の現状としてまだまだ、在宅医療に関して、世間の認識も低いです。

僅か20年前まで、病気になったら病院に行って薬をもらう。
このスタイルが常識であった事が、今では、病気になったら病院に行く。病院の帰りに薬局に行って薬をもらうのが今では常識になってきていますよね。



10年後には、もしかしたら。


薬剤師さんが家に薬を持ってきてくれて、相談にのってくれる、そういう風に社会が変わっているかもしれませんね。




◆ 今日のオススメ求人

それではオススメ求人です。今日は宮崎県宮崎市の薬局の求人です。

職種 :薬剤師
勤務地:宮崎市池内町
最寄駅:蓮ヶ池駅
交通:徒歩25分
給与:360万円~550万円
勤務時間:8:30~19:00
応募資格:要薬剤師免許
雇用形態:正社員
休日休暇:日祝


求人・案件の詳細ページはコチラから

◇PC版
http://www.job89314.com/job/detail.jsp?job_id=48361
◇携帯版
http://www.job89314.com/m/job/detail.jsp?job_id=48361
 
 
【求人・募集の情報提供元】
仕事探しの薬剤師のお仕事.com
URL:http://www.job89314.com


【非公開求人・募集の情報に興味がある薬剤師様はコチラへ】
仕事探しのIIKana(いいかな)
URL:http://www.iikana.com

【就職・転職活動のお悩み相談は?】
就職・転職活動が心配だ、自信がないなどのお悩みをお持ちの方は
無料就職相談から相談できますよ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。